結婚式のドレスと注意点

結婚式にゲストとして出席する場合、白系のドレスは花嫁と重複するためNGと言われています。白無垢や白いウエディングドレスは花嫁が一生に一度の結婚式で着るものですので、白は避けるようにしましょう。結婚式では毛皮や革素材のものは、NGとされています。なぜなら、結婚式という祝福の場に「殺生」を連想させる素材のものは着ない方が無難だからです。そのため、冬場であってもファーを室内でまとったまま披露宴などに出る事は避けましょう。披露宴では料理もゲストが楽しむ場となりますので、動物の毛が料理の中に入るようなことは避けた方が無難です。なお、同様な理由で動物性のバッグも避けた方が良いでしょう。

黒系のドレスは結婚式などで着る女性は多いですが、全身真っ黒のコーディネートでは、不祝儀を連想させるため避けましょう。アクセサリーや小物で、光り物を合わせるなどして工夫することが大切です。

アクセサリーはゴールドやきらびやかなものは花嫁よりも目立ってしまい、その場の雰囲気を台無しにするリスクがあるため避けましょう。一方、品の良いパールなどは、花嫁を引き立てるしとやかさがあり、その場にふさわしいと言えるでしょう。

髪型はすきっきりとまとめたスタイルが、だらしなくないため無難です。ファー素材のアクササリーは避けるのが無難です。結婚式でのスタイルについては、わからないことがあったら、レンタルドレスをする際などに専門家に意見をもらうことが無難です。

Add a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *