パーツからドレスを選ぶ方法

ドレスを選ぶとき、プリンセスラインやマーメイドライン等、ドレスラインから考えるのが一般的です。「これふわふわしてて可愛い!」「このドレスちょっとセクシーかも」といったようにパッと見でドレス全体の雰囲気が分かるので、比較的選びやすいと思います。
もちろんドレスラインから選ぶのはわかりやすいですし、意外とすんなりとお気にの一着が見つかる場合もあるかもしれません。
しかし中には、Aラインとプリンセスラインで悩む・マーメイドラインとスレンダーラインどっちにしたら良いか迷ってる、という方もいるのではないでしょうか?
ドレスラインも全部が完全に別々というわけではなく、それぞれ似通ったところを含んでいるものもあるため、ひと目同じようなデザインだと決め手に困ってしまいますよね。
そんなときにおすすめの選び方がパーツからドレスを選ぶという方法です。
ドレスラインを決めたといっても、細かいパーツ部分はドレスごとに微妙に違っている場合がほとんどで、バリエーションは数え切れません。
一見するとますます選びづらくなるのでは?と思うかもしれませんが、大丈夫です。
ひとつパーツが決まれば、そこを起点にドレスの全体像を考えていけば良いので、かえって選びやすくなりますよ。パーツというのは具体的にどのようなものがあるのかというと、ネックライン・スリーブ・トレーン・ドレス素材などです。
例えばスリーブから選ぶ場合、腕を見せたいならスリーブがないほうが良いでしょうし、露出が恥ずかしいからロングスリーブにする、といった具合に選べます。
このようにラインからではなくパーツから選ぶ方法もあるので、ドレス選びに迷ったときの参考にしてみてください。

Add a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *