admin Archive

ドレスに合うダイヤモンドのカラー

シンプルなドレスに合う大ぶりのダイヤモンドのネックレス、あるいはウェディングドレスに合わせるティアラの中央に、西洋梨のような形の大粒のダイヤモンドを見たことのある人は多いでしょう。 これはペアーシェイプと呼ばれるダイヤモンドです。大きなパーティーでもペアーシェイプを身につけていれば、会場全員にその輝きを知らしめることが出来るほど、美しく強い輝きを持つカット法になります。それだけダイヤモンドはすごいのです。また、ダイヤモンドのグレーディングで最も評価が難しく、価値に大きく関わってくるとされているのが、色を鑑定するカラーグレーディングです。カラーグレーディングには「マスターストーン」という比較用のダイヤモンドを使用。また、光源を均一にするため「ダイヤモンドライ卜」という照明の下で鑑別していきます。 グレードはD~Zに分けられ、最高の評価であるDのダイヤモンドは無色透明をしています。黄色みがかっていくにつれて評価が下がり、黄色のダイヤモンドがZとされます。 無色透明なダイヤモンドが最高級であると説明しましたが、ダイヤモンドにはピンクやブルー、グリーン、イエロー、ブラウンなど、「ファンシー・カラー・ダイヤモンド」と名付けられたキレイな色をしたダイヤモンドもあります。ファンシー・カラー・ダイヤモンドは通常のカラーグレーディングとは別の方法で鑑定されます。ピンクやブルーのファンシー・カラー・ダイヤモンドであれば、無色透明のダイヤモンドよりも高い価値があります。希少価値とそれぞれの石が持つ色の魅力度によって評価が決まってくるようです。結婚指輪にはピンクのダイヤモンドが合うと思いますが、グレードの高いため非常に高価になります。 Read More

同窓会のドレス

40代になると小学校、中学校の同窓会が増えてきます。40代女性の同窓会は、レンタルドレスでワンピースを着て参加する人が結構います。ワンピースは「きちんと感」が出しやすい服装だからでしょうか。40代には、体がほっそりと綺麗に見える「モノトーンワンピ」のレンタルが多いです。無地の黒だと地味な印象になります。おしゃれ感のある柄物のワンピースも人気でレンタルドレスのオーダーがあります。高級感を出すには40代にはブランドのワンピースが安心です。質感がよく、しっかりとしたデザインです。 Read More

モノトーンのワンピース

30代の同窓会はモノトーンのワンピースが人気です。 同窓会に着ていくドレスで30代で人気なのはワンピースが人気です。さらに30代に特に人気なのは、スカートがふんわりとしている可愛いワンピースです。色はモノトーンで大人っぽいドレスが人気です。30代なので可愛くなりすぎないようにバランスを取るのがポイントです。小物も合わせて、バッグや靴もビタミンカラーにすると、おしゃれ感がでます。 Read More

ワンピース

婚活に行くときの女性の服装は、清楚でお嬢様風のワンピースのドレスがいいのではないでしょうか。婚活だけではないが第一印象が大切なのはあたりまえですよね。レンタルドレスでいいドレスを借りて、男性が列を作って並ぶ、人気の女性をめざしましょう。 婚活で定番の女性の服装は、キレイめの濃い色ワンピース+明るい色のカーディガンの組み合わせです。男性に人気が高いドレスとして婚活によく使われます。濃い色で体のラインが細く見えます。明るい羽織りで顔が明るく見えます。20代から40代まで、幅広くドレスレンタルされる人気のドレスです。 Read More

クレア ペティーボーンのドレスのご紹介

1994年に出来たニューヨークのブランドです。 アンティークなレースなど、花冠が似合いそうな可愛いドレスブランドです。 バックスタイルまで可愛いので、挙式のバックスタイルもゲストの印象に残ります。 ドット×レースがガーリーさとフラジールな雰囲気を漂わせたスレンダードレス 。 大ぶりなピジューピアスで夜のパーティーモードに。 Read More

The Treat Dressing

ザ・トリー卜・ドレ ッシングビジューがきらめく胸もとから柔らかに広がるピュア・シルエットのドレスです。 胸下て切り替えた細身のシルエッ卜の “エンパイアライン”。ハイウエストから流れる 、なめらかな質感のスカー卜が 女性らしくピュアな印象を引き立てます。 Read More

ティアード・レースのドレス

波打つように 揺れるティアードが ロマンティックなドレスです。 永遠のガーリー ・マテリアル、レースをティアードづかいにしたエンパイアドレス 。 たっぷりレースを使ったスカート でスウィ ー卜 気分満々 。キラキラ輝くビーティングもアクセントになって キュー卜なプリンセス気分で着こなせます。 Read More

ザ・トリ ートドレッシング

セミスレ ンダ ーにたっぷりフリ ルをあしらったエアリー で スタイリッシ ュな花嫁姿のドレスのご紹介です。 シルクオーガンジーの素材感を存分に生かした一着です。 キラっと輝く小物をヘアのアクセントに効かせて、 モダンな印象を際立てます 。 ドレスレンタルもできます。 Read More

タイのドレス

タイの民族衣装は、タイトスカートに上半身は片方の方を出したスレンダーなものです。腰に巻くスカートのことを「パーシン」と呼び、これを折り返して布紐やベルトで留めます。それに加えて、スアーと呼ばれる薄手のブラウス、サバイと呼ばれる肩掛けをかけるのが特徴的なドレスです。また、様々な色がありますが、結婚しきなどでは金色のドレスを着るケースが多いようです。また、他にも赤や青、グリーンなど様々な色があります。 タイは仏教国なので、僧侶にタンブンを行う儀式が行われます。タンブンは僧侶にお水、食事、日用品等を渡します。具体的には、僧侶が9人、新郎新婦、親族、参加者の前に横一列で座ります。新郎その後、水をけけるなどの儀式が行われ、僧侶に食事をお供えしたりあします。 また、新郎新婦が両親が低い舞台の半円状に並べられた椅子に座り、椅子に囲まれた中心に新郎新婦が正座で座ります。新郎側が持って来た結納金や金、お菓子などを置いた台の隣に新婦の歯はオyが座り、結納金をみんなに見せびらかします。 披露宴では、タイのドレスではなく、日本でもおなじみの白いウエディングドレスを着る場合もあります。その場合は、ホテルなどの会場で日本の結婚式同様に、ウエディングケーキのカットやシャンパングラス、乾杯など日本の結婚式同様に披露宴が行われます。日本の結婚式でも、お色直しをする習慣がありますが、タイの結婚式でも、タイのドレスと白いウエディングドレスで2種類の衣装を着る場合があるようです。 海外でウエディングを行う場合には、衣装を現地調達するケースもありますが、日本のレンタルドレスなどでドレスをレンタルすることも考えましょう。日本のレンタルドレスの方が豊富な種類のドレスが揃っていますし、試着もゆっくり時間をかけてできるからです。日本のレンタルドレス屋さんであればクリーニング代金なども事前に把握できるケースもあるので、一度足を運んでみると良いでしょう。 Read More

結婚式のドレスと注意点

結婚式にゲストとして出席する場合、白系のドレスは花嫁と重複するためNGと言われています。白無垢や白いウエディングドレスは花嫁が一生に一度の結婚式で着るものですので、白は避けるようにしましょう。結婚式では毛皮や革素材のものは、NGとされています。なぜなら、結婚式という祝福の場に「殺生」を連想させる素材のものは着ない方が無難だからです。そのため、冬場であってもファーを室内でまとったまま披露宴などに出る事は避けましょう。披露宴では料理もゲストが楽しむ場となりますので、動物の毛が料理の中に入るようなことは避けた方が無難です。なお、同様な理由で動物性のバッグも避けた方が良いでしょう。 黒系のドレスは結婚式などで着る女性は多いですが、全身真っ黒のコーディネートでは、不祝儀を連想させるため避けましょう。アクセサリーや小物で、光り物を合わせるなどして工夫することが大切です。 アクセサリーはゴールドやきらびやかなものは花嫁よりも目立ってしまい、その場の雰囲気を台無しにするリスクがあるため避けましょう。一方、品の良いパールなどは、花嫁を引き立てるしとやかさがあり、その場にふさわしいと言えるでしょう。 髪型はすきっきりとまとめたスタイルが、だらしなくないため無難です。ファー素材のアクササリーは避けるのが無難です。結婚式でのスタイルについては、わからないことがあったら、レンタルドレスをする際などに専門家に意見をもらうことが無難です。 Read More